たばこ病改善ねっとトップ > COPDの症状COPDの急性増悪とは

COPDの急性増悪とは

COPDの症状に、急に状態が悪化する急性増悪があります。
COPD患者に通常よく見られる、せきやタン、息切れなどは個人差はあるものの、ある程度の安定期があります。

しかし、急性増悪を起こすと安定していた病状も急変してしまうのです。
せきの回数やタンの量が増え、、タンの濃さが増したり、息切れが激しくなる......というように、症状はある日突然悪化します。

急性憎悪を起こした場合

軽症の患者でも年に1回の頻度で急性増悪を起こす可能性があります。
特に細菌やウィルスに感染したときに発症リスクは高まります
単なる風邪のウイルスでも、COPDの症状を悪化させることがあるのです。

急激に悪化した症状がそのまま長く続いたり、ほかの疾患を併発することもあります。
合併症になってしまうと、さらに状態は悪化し、生命の危機に瀕することもあるのです。

急性憎悪の予防には

もともと症状の重い患者が急性増悪を起こす頻度は年に2~3回と考えられています。
日頃の予防が重要なのです。
風邪の予防はもちろん、疲労を溜め込むのもよくありません。

ただでさえ体力が落ちている状況で疲労が蓄積すると、免疫力や抵抗力が低下します。
その結果ウィルス感染などのリスクも高まりますし、状態も悪化しやすくなります。
感染予防にインフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種を勧められることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。