たばこ病改善ねっとトップ > 禁煙を成功させるために禁煙外来とは 

禁煙外来とは 

禁煙の方法として需要が高まっているのが禁煙外来です。
簡単に言えば医療機関で行う禁煙治療のことです。

これまで、禁煙はもっぱら個人の意志に任されてきました。
タバコという嗜好品を原因とするものですから、その害も本人が解決すべきと考えられていたのです。

しかし喫煙がもたらす被害、周囲に与える害が深刻視されるようになったことで、本格的な禁煙対策が求められるようになりました。
そして90年代後半、考案されたのが禁煙外来なのです。
現在では多くの医療機関で行われています。

禁煙外来の内容

禁煙外来ではどのような治療を行っているのでしょうか。
まずはニコチンパッチやニコチンガムといった、タバコに代わるニコチン摂取手段の提供。
ニコチンの摂取量をコントロールし、タバコの本数を減らしていきます。

また、ニコチンを含まない薬を用いた治療も存在します。

精神面のケア

大切なのが精神面のケアです。
イライラや集中力の低下など、禁煙が精神面に影響を及ぼすことは少なくありません。
医療機関ではそれらの症状を最小限に抑え、禁煙を続けるための心のケアも行っています。

医療保険の適用

ポイントは、一部の治療において健康保険が適用されること。
これは2006年4月の改正によって認められました。
ニコチンパッチや薬物療法など、一定の条件をみたせば3割負担で治療を受けることができます。
保険がどこまで適用されるのか、事前にしっかり確認しましょう。

自力での禁煙が難しかった人も、一度禁煙外来を考えてみては如何でしょうか。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。