たばこ病改善ねっとトップ > 禁煙を成功させるために禁煙で現れる症状を知っておく

禁煙で現れる症状を知っておく

禁煙は達成の難しいものです。
何度も挫折し、まるで禁煙が習慣のようになってしまっている人も少なくありません。

現在では医療機関での禁煙治療なども行われるようになっているものの、禁煙成功のためにはまず、実際にタバコを絶つとどのような症状が現れるのか知っておくことが大事です。

禁煙をすると

喫煙の習慣があった人がタバコを絶つとどのような症状があらわれるのでしょうか。
まずはタバコが吸いたくてたまらなくなります。
これはニコチンがもたらす快楽に慣れてしまっているためです。
それが絶たれたことで我慢できなくなってしまうのです。

禁断症状の怖さ

禁煙における禁断症状の怖さはそれだけに留まりません。
やがて精神面にさまざまな影響をもたらします。
たとえば落ち着きがなくなる、根拠のない不安に晒されてしまうといった症状。
何か足りない、との思いから自分でもよくわからない不安に晒されてしまうのです。

集中力を欠き、イライラや欲求不満を抱えてしまうことも。
怒りっぽくなるなど性格面に変化が生じることも少なくありません。

無理のない禁煙を

深刻な影響をもたらしかねない症状もあります。
たとえば食欲の増加です。いわゆる、禁煙すると太る、というのもそのためです。
それから睡眠障害
寝つきが悪くなり、眠っている途中で急に目が覚めてしまったりするなど質の高い睡眠が難しくなります。
これらの異常から、疲労でますます集中力を乱したり、イライラが募るといった悪循環をもたしてしまいます。

こういった禁断症状をただ我慢するのではなく、苦しみをやわらげながらタバコの本数を減らしていくのが理想的な禁煙です。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。