たばこ病改善ねっとトップ > 禁煙を成功させるために禁煙のための薬物療法

禁煙のための薬物療法

禁煙外来と呼ばれる、医療機関での禁煙が注目されています。
症状によっては医療保険が適用されることもあります。
禁煙外来の対策のひとつが、薬物療法です。
薬を用いて禁煙を実現します。

薬物療法の内容

薬物療法では用いられるのはどのような薬でしょうか。
まずはニコチンパッチとニコチンガム
どちらもタバコに代えてニコチンを摂取する方法です。
ニコチンを摂取する点ではタバコと変わりありませんが、その摂取量をコントロールすることで依存症を改善できます。

ニコチンパッチの場合、接客業などガムを噛めない人でも利用できるのが大きな魅力です。

ニコチンを摂取しない薬

さらにニコチンを摂取せず禁煙を目指す薬もあります。
タバコをまずく感じさせる効果があるものです。
こちらは医師の処方が必須です。

この薬の特徴は、初期段階は喫煙しながら服用していくこと。
最初の1週間はタバコを吸いながら摂取し、8日目から禁煙を始めます。
摂取は1日2回、服用期間は12週間が一般的です。
あらかじめ一定の期間を設け、取り組みます。

この薬の長所は、体内にニコチンを摂取しないことです。
様々な理由でガムを噛めない人や、パッチが使えない人でも利用できるのもメリットです。
なお、この方法も一定の条件を満たせば保険適用が可能となります。
ただし自動車の運転などの治療中の制限もあり、医師のアドバイスと指導は必須です。
自力での禁煙が続けられない人も無理をせず、医療機関での薬物療法を検討してみるのがおすすめです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。