たばこ病改善ねっとトップ > COPDの検査胸部X線検査

胸部X線検査

COPD診断ではほかにも、胸部X線検査が行われることもあります。
これは詳細な肺の状態を画像で確認するため、必要な検査です。

気管支などをより詳しく調べるため、HRCTやヘリカルCTなどの検査機器が用いられることもあります。
HRCTは高分解機能CTのことで、より精密な画像を撮影することができます。
ヘリカルCTは、同じくX線による検査を行うものですが、身体に対してX線を螺旋状にあてることで立体的に体内を確認することができます。

胸部X線検査からわかること

一般にCOPD検査における胸部X線検査は、ほかの疾患の可能性を除外するためや、肺気腫病変、気道病変等を起こしていないかの確認に行われるものです。
肺が膨らみ、元通りになる機能が損なわれている場合、正常な人に比べて横隔膜が平らになっています。
横から写した胸部X線画像では、これが釣鐘状になって見えるのが特徴です。

また、胸部X線検査であれば、症状の似ている喘息との区別も可能です。
喘息患者と比べると、COPD患者は肺が過膨張を起こしているのです。

胸部X線で見たCOPD患者の体内

COPD患者の胸部X線画像の特徴として、横隔膜が平坦になっているほか、肺動脈が拡張気味だったり、肺の透過性が亢進していることが挙げられます。
肺の透過性がに異常が見られる一方で、肺血管影には減少が見られることも多いです。

COPDがある程度まで進行しているとこのような特徴的な所見が徐々に現れますが、初期の段階では判断が難しいことも少なくありません。
スパイロメーターによる検査も併せて受けていくことをオススメします。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。