たばこ病改善ねっとトップ > COPDの検査スパイロメトリーによるCOPDの重症度分類について

スパイロメトリーによるCOPDの重症度分類について

COPDの検査ではスパイロメーターという検査機器が使用されます。
この検査でわかるのは、努力性肺活量、1秒量、1秒率、正常1秒率との比値などです。
それらの値から肺年齢などが算出されます。
肺機能疾患の有無と、COPDを発症しているかどうか、その症状の程度は如何ほどか確認できるというわけです。

COPD患者は息を吐き出す能力が低下しており、そのことは検査結果から読み取れます。
自覚症状が薄くてもCOPDの疑いがあることも考えられるのです。

結果から読み取れること

努力性肺活量(FVC)は、限界まで息を吸ってから吐き出した空気の総量です。
1秒量(FEV1)というのは息を吐き出して最初の1秒間の量。
そして1秒率(FEV1%)が吐いた空気の総量を占める1秒量の割合になります。

同性同年齢の正常な1秒率と比較すれば、FEV1予測値がわかります。
FEV1をFVCで割った値が70%を下回り、更にFEV1が80%予測値を下回っていると軽度の気流閉塞が考えられます。

予測できる重症度分類

FEV1をFVCで割った値が70%以下で、FEV1が80%予測値以下50%予測値以上の間であれば、中等度の気流閉塞です。
同様にFEV1が50%予測値以下30%予測値以上の場合、高度の気流閉塞と診断されます。
FEV1をFCVで割った値が70%以下で、FEV1が30%予測値を下回る場合は極めて重症の可能性があります。

もし予測値が50%以下でも、慢性的な呼吸不全が起きている場合、極めて重症と診断されます。
40才以上でなおかつ喫煙歴の長いの人は、スパイロ検査をオススメします。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。