たばこ病改善ねっとトップ > 在宅酸素療法在宅酸素療法での注意点

在宅酸素療法での注意点

在宅酸素療法は症状が重く、肺機能の低下によって酸素が十分に取り込めなくなったCOPD患者に用いる治療法です。
酸素ボンべからカニューラというチューブを通して酸素を吸入します。

ボンベを用いることで酸素不足による低酸素血症が改善されます。
それがもたらす心臓への負担を軽減するという大きなメリットも得られるのです。

たたしボンベの取り扱いは非常に大切です。
現在では外出の際に持ち運びの容易な携帯用ボンベがも普及しています。
小型な作りですが、取り扱いには注意が必要です。

最大の注意点は、火気です。
ボンベには当然、大量の酸素が詰まっています。
この酸素が万が一、火気に触れようものなら火事の恐れがあります。

酸素そのものが燃焼するというより、既に燃えている火をさらに強めてしまうのがポイントです。
火気を近づけない対応、もし出火してしまった時の対応が求められます。

そのうえで具体的な注意点を見てみましょう。
まずは換気をしっかり行うこと。
そして日当たりのよい場所に放置しないこと。
この2つは、日常生活を送る上で踏まえておくべきポイントです。

それから、火の元からは最低でも2m以上離すことが必須。
さらに酸素濃縮器の場合、火気から前後左右15センチ以上離した状態で設置しましょう。
この治療を受ける際には、身近に消化器を設置し、万全の備えが必要です。
安全を確保した上で、苦痛の少ない快適な暮らしを送りたいものです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。