たばこ病改善ねっとトップ > 在宅酸素療法在宅人工呼吸療法(NPPV)とは

在宅人工呼吸療法(NPPV)とは

COPDなど肺の疾患によって呼吸不全に陥った場合、酸素を他の方法で補う必要があります。
肺の機能が低下すると酸素を十分に取り込むことができません。
低酸素血症によって、心臓に過度な負担をかけることも。
そこで、酸素の補充手段のひとつに在宅人工呼吸療法(NPPV)があります。

在宅人工呼吸療法について

この在宅人工呼吸療法はその名の通り、人工呼吸器を装着する方法です。
安定した酸素の供給が可能になります。
酸素を体内に取り込むだけでなく、本人の呼吸そのものをサポートすることができるのです。

たとえば、酸素を取り込もうとしても本人の呼吸機能が衰えていれば、十分な成果が得られない可能性もあります。
在宅人工呼吸療法の呼吸器には、基本的な呼吸の働きそのものをサポートする機能が備わっています。

在宅人工呼吸療法の心得

重い症状の患者に用いることが多い人工呼吸療法。
在宅で人工呼吸療法を行う場合にも、さまざまな準備と注意が必要です。
まず在宅用に設計された人工呼吸装置をきちんと使用すること。
そして本人だけではなく、周囲の人のサポートが日々の生活に必要です。

患者はこの装置がなければ呼吸もままならない状態に陥っているのです。
医師の目のない環境で呼吸を維持するには本人と周囲の人の強い意志と努力が求められます。
医療・介護スタッフも含めた協力体制が必須なのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。