たばこ病改善ねっとトップ > 肺気腫について肺気腫の予後は?

肺気腫の予後は?

肺気腫は完治のない病気です。
一度壊れてしまった肺胞は回復できません。
できるだけ悪化しないようにすることが治療となります。

そのため肺気腫と診断された時、多くの患者は強いショックを受けます。

予後について

回復しない病気となると、予後が気になります。
治療を続ける意味があるのか、苦しい思いまでして生きている価値があるのか。
そんな絶望感を覚えてしまう人も多いのです。
実際のところ、肺気腫の予後はどのようになっているのでしょうか。

この点に関して、5年以内で50~60%という生存率のデータがあります。
発症が判明した患者は2人に1人は5年間も生きられないのです。
これを見ても非常に厳しい状況であることがわかります。

生存率から読み取れること

だからといって助からない、治療を受けてまで生きる価値を見出せないというわけではありません。
先のデータはあくまで医療機関によって算出されたものです。
つまり治療が必要なくらいまで悪化した患者がデータのおもな対象となっているのです。
この病気は初期段階ではなかなか自覚しづらい点が厄介です。
咳や痰、息切れなどは日常生活の中でよく起こるもの。
肺気腫を意識することなく過ごしてしまうことも多いわけです。

今後の進展と希望

そのため、軽症の段階で受診し、適切な治療を行えば予後はもっとよくなることが考えられます。
5年生存率も間違いなくもっと高くなるでしょう。
そう考えればそれほど絶望的に考える必要はないと言えます。
また、社会全体で早期発見を心がけることが生存率の向上をもたらします。
この病気に対する意識を変えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。