たばこ病改善ねっとトップ > 肺気腫について原因はなに?

原因はなに?

肺気腫はなぜ発症するのでしょうか。
その原因さえわかっていればあらかじめ予防することも可能です。
ただ、現在の医学ではまだはっきりとした原因が特定できていない面もあります。

喫煙との関係

これまでのデータからいくつかの傾向が見られます。
まず患者の9割以上が喫煙者であること。
たばこ病と呼ばれることもあり、やはり喫煙が大きな原因となっていることが窺えます。
とくに20年以上喫煙を続けている人の発症例が目立ちます。

有害物質について

それから有害物質の吸引。 とくに一時期大きな問題となったのがアスベスト。石綿です。
この物質を日常的に吸引する環境にあった人たちが肺気腫にかかるケースも多いのです。
それから大気汚染も原因のひとつとして挙げられています。

肺気腫のメカニズム

簡単に言えば肺に害をもたらす有害物質を吸引することが発症のきっかけとなります。
ただ、冒頭にまだはっきりとした原因が特定できていないと書いたように、これらはデータによる憶測です。
体内に吸引された有害物質がどのように肺胞へ悪影響を及ぼすのか。
そのメカニズムがまだ十分に判明していないのです。
現在は体内の酵素や糖類が関わっているという説もあります。
同じ物質を吸引していても影響に個人差があると考えられているのです。

いずれにしろ、タバコには注意が必要です。
喫煙者はもちろん、周囲の人への受動喫煙にも注意したいところです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。