たばこ病改善ねっとトップ > 肺気腫について肺気腫とは?

肺気腫とは?

肺に生じる怖い症状のひとつに肺気腫があります。
COPDなどの病気によって生じるもので、正常な呼吸を妨げ、呼吸困難をもたらします。

肺機能と肺気腫について

肺は呼吸によって取り入れた酸素と炭酸ガスの交換を行います。

この機能を担う肺胞と呼吸細気管支が拡張したうえ、破壊されてしまったのが肺気腫です。
肺胞同士を隔てる壁が崩壊し、まとまった袋のような状態になってしまいます。
この袋状のものを「気腫性嚢胞」と言います。
気腫性嚢胞がたくさんできてしまった状態を肺気腫と言います。

肺気腫の原因

原因の一つは、先に挙げたCOPDです。
さらにこの病気をもたらす喫煙や、有害物質の吸引などが挙げられます。
ゆっくりと症状が進行していくのが特徴です。
中高年になって症状が発覚するケースが少なくありません。

気腫性嚢胞が発生すると肺の弾力が低下します。
それによって気道を支える力も弱くなってしまうのです。
呼吸時、とくに息を吐く際にうまく機能しなくなってしまいます。
そのほか痰や咳が出やすくなる、ちよっと動くと動悸が生じるといった症状ももたらします。

肺気腫の治療法

厄介なのは治療が困難なこと。
残念ながら一度破壊されてしまった肺胞は再生しません。
そのためできるだけ早く治療を行い、症状が進行しないよう適切な治療を続けることが必要です。

薬物療法がメインとなりますが、呼吸法や呼吸筋の強化などによって呼吸をスムーズにする対策も用いられています。
重症の場合は外科的手術で肺気腫の一部を除去する方法もあります。
が、手術が可能なケースはまだ限られており、決定的な治療法にはなりえていません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。