たばこ病改善ねっとトップ > 薬物療法炎症を抑える吸入ステロイド薬について

炎症を抑える吸入ステロイド薬について

COPDの薬物療法でまず使用されるのが気管支拡張薬です。
たとえば抗コリン薬やβ刺激薬など。
これらの作用で気管支を広げ、呼吸困難の症状をやわらげるのです。

しかし、一度発症すると根本的な治療が不可能とされているのがCOPD。
症状が進行している場合、気管支拡張薬だけでは十分な効果が得られないこともあります。
そんな時に用いられるのが、吸入ステロイド薬です。

ステロイド薬の効果

COPDは肺の炎症によって気道が狭まることで呼吸困難やせき、痰といった症状が生じる病気です。
そのため、炎症を抑えるステロイド薬には優れた効果が期待できます。
COPDの治療では、ステロイド薬を吸引して服薬します。
同じように、喘息の治療にも用いられるのです。

ステロイド薬のデメリット

吸入ステロイド薬に関して、メリットと同時にデメリットもあります。
使用には注意が必要です。
根本的な病気の治療もできません。

喘息とは異なり、COPDは気道の炎症と閉塞性換気障害を併発した状態です。
そのため炎症をやわらげるだけでは根本的な治療にはなりません。
使用にあたってさまざまな副作用の問題も指摘されています。

ステロイド薬の現在

とくに恐ろしいのが肺炎リスクを高める可能性があることです。
COPDでの死亡率を低下させる一方、肺炎のリスクを高める恐れもあります。
現在ではこうした問題点を踏まえ、抗菌薬やテオフィリンとの併用による炎症の軽減。
あるいはβ刺激薬との併用による相乗効果を目的とした治療が主流となっています。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。