たばこ病改善ねっとトップ > 薬物療法抗コリン薬の特徴

抗コリン薬の特徴

COPDの治療は大きく分けて禁煙と薬物療法の2つがあります。
禁煙が絶対条件なのは言うまでもありません。
そして薬物療法も日常生活への影響を軽減する重要な役割を担っています。

抗コリン薬について

そんなCOPDの薬物療法でもっとも一般的に用いられているのが抗コリン薬です。
これは気管支拡張薬に分類される薬品です。
その名の通り気管支を拡張させ、呼吸をスムーズにします。

COPDは気道が狭まり呼吸困難に陥ってしまう病気です。
抗コリン薬はそんな症状を和らげることができるのです。

抗コリン薬の使い道

抗コリン薬の特徴には気管支を拡張させる優れた作用があります。
同じく気管支拡張薬としてCOPDの治療に用いられるのがβ刺激薬です。
こちらは即効性に優れる一方、気管支を拡張させる効果においてはやや劣ります。

抗コリン薬は主に重い症状、呼吸困難に苦しむ人に対して使用されるのです。

理解しておきたいこと

もうひとつ、短時間作用性と長時間作用性の2種類が存在することも特徴です。
これらはおもに持続時間で区別されます。
短時間作用性は入浴時や就寝時、運動時などに用いられます。
長時間作用性は1回の使用で24時間効果が持続するのが大きな長所です。

症状の進行によって生じる気流閉塞を抑制したり、死亡率を減らす効果もあるとされています。
ただし緑内障を悪化させたり、前立腺肥大患者が尿閉塞をもたらすという問題点も。
COPDの治療を受ける場合には必ずと言っていいほど用いられるのが抗コリン薬です。
特徴くらいは覚えておいても損はありません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。