たばこ病改善ねっとトップ > 薬物療法COPDの薬物療法で気をつけたいこと

COPDの薬物療法で気をつけたいこと

肺癌による死亡率の高さからわかるように、肺に生じた病気は治療が難しいものです。
根本的に治療するより症状の進行を食い止め、和らげることが主な目的になります。
COPDも肺の病気です。
呼吸困難やせき、たんを防ぐため、多くの場合薬物療法が用いられています。

さまざまな薬

現在、COPDの薬物療法ではさまざまな薬が用いられています。
気管支を拡張して呼吸を楽にするものが主流ですが、種類によって効果が異なります。
当然、副作用や相互作用の問題もそれぞれ異なります。
薬によってかえって健康を害さないように、慎重に薬を選ぶ必要があるのです。

注意すべき副作用

薬物療法ではどのような点に注意すべきでしょうか。
よく用いられるのが、COPD対策に役立つといわれている長期間作用性抗コリン薬です。
気管を長期間に渡って拡張させる効果があります。

ただし前立腺肥大の人が使用すると尿閉塞のリスクが高まったり、緑内障の人が使用すると悪化してしまうといった問題もあります。

薬について知っておくべきこと

同じく、COPD対策に広く用いられているのがβ2刺激薬です。
短時間で効果を発揮する一方、過剰吸入による動悸や手の震えをもらたすため注意が必要です。
ほかに、ステロイド吸入も行われます。
前述の薬で気管支を拡張させても、十分な効果を得られない場合に使用されます。
高い効果が期待できる一方で肺炎リスクが高まるという説もあるため、慎重な使用が求められます。

処方には医師が患者の症状を見極めたうえで、適切な薬を選びます。
患者自身も薬の基本的な注意点は踏まえておきたいところです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。