たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気塵肺症(特徴・症状・原因)

塵肺症(特徴・症状・原因)

初期症状にせきやタン、息切れなどが見られる病気として、ほかにも塵肺症をあげることができます。
呼吸機能が低下する点はCOPDに似ていますが、、原因や症状の進行には違いが見られます。
塵肺症は、長期間に渡り粉塵を吸引するような環境にいることで発症します。

現在、社会的に大きな問題となっているのがアスベストを含む粉塵や、遊離珪酸を含む粉塵です。
アスベストの吸入は肺がんや中皮腫を引き起こし、遊離珪酸によって珪肺と呼ばれる症状が起こります。

塵肺症の症状

塵肺症の発症の特徴に、初期症状は軽く、自覚をしにくい点があります。
それが徐々に進行していき、せきやタンが出やすくなったり、息切れが激しくなります。
更に倦怠感や体重減少も現れます。
重症化すると、安静時にも呼吸困難が起きたり、合併症を引き起こすリスクもあります。

とくに併発しやすいのが、結核や気管支拡張症、肺がん、気胸などです。
まれに関節リュウマチになる人もいます。

塵肺症の治療

塵肺症になりやすいのが、鉱山やトンネル工事の従事者です。
造船業や建設業者なども、アスベストを吸入してしまうリスクが高い職業です。
根本治癒の難しい病気であることから、注意が必要です。

治療法としては、去痰薬を使ってタンがからまないようにすることや、低酸素療法です。
合併症が起きている場合、その治療も併せて行う必要があります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。