たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気肺炎(特徴・症状・原因)

肺炎(特徴・症状・原因)

COPDと似た症状を持つ病気の一つが肺炎です。
大きな違いとしては肺炎はウィルスによって引き起こされるケースがほとんどです。
ほかにも、原因として薬の副作用やアレルギー反応が挙げられます。

主な症状は、せきやタン、息切れのほか、発熱や呼吸困難、胸痛などです。
全身の倦怠感や食欲不振が現れることもあります。 重症化すると死に至る可能性もあります。

肺炎の特徴

高齢者が発症すると特に悪化しやすく、重篤に陥ることも少なくないのが肺炎です。
初期症状で判断がしにくいため、発見が遅れてしまうケースもあります。
健康な人や免疫力、抵抗力が強い人は、病原菌の侵入を防ぐこともできます。
高齢者は老化によって抵抗力が落ちているので、感染しやすいのです。

他にも高齢者が肺炎を起こす原因として、飲食能力の低下による誤飲があります。
食べ物や唾液が気道に入って、炎症を起こしてしまうのです。
高齢者にとっては発症リスクの高い深刻な病気です。

肺炎の分類

肺炎は定型と非定型の2つに分類できます。
高齢者に多く、重症化しやすいのは定型肺炎です。
こちらは肺炎球菌のような細菌への感染によって引き起こされます。
とくに風邪をひいたときは免疫も下がり感染しやすいため、注意しましょう。

非定型の肺炎は、若年層でもかかりやすい病気です。
悪化することは稀と考えられていますが、インフルエンザウィルスが原因になったり、レジオネラ菌のほか、マイコプラズマや肺炎クラミジアのような微生物から感染する場合もあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。