たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気非結核性抗酸菌症(特徴・症状・原因)

非結核性抗酸菌症(特徴・症状・原因)

非結核性抗酸菌症は、抗酸菌と呼ばれる結核菌の仲間によって引き起こされる病気です。 ゆっくりと進行していくなど、その症状は結核と似ています。

ただし、結核と異なり人と人との間では感染しません。
COPDとの違いとして、結核同様、血痰や喀血などが見られる点があります。
結核患者が減少している一方、非結核性抗酸菌症の患者は増加傾向にあると言われています。

非結核性抗酸菌症の原因

非結核性抗酸菌症の原因は菌です。
前述のように、結核菌の仲間である抗酸菌の感染が原因となります。
この抗酸菌というのは、種類が多いことでも知られており、人に病原性があるもので10種類以上も確認されています。
ほとんどが肺で病変を起こしますが、それ以外の箇所で感染するケースもあります。

国内で確認されている中でも8割はMAC菌と呼ばれる抗酸菌です。 ほかにはマイコバクテリウム・カンサシなどがあります。

非結核性抗酸菌症の症状と治療

症状としては一般的に、せきから始まることが多いでしょう。
そこからタンや血痰、喀血が見られるようになり、やがて全身の倦怠感や発熱などをともないます。
さらに病状が進行すると、呼吸困難や食欲不振、体重減少などが生じていきます。

治療方法としては結核と同じように、薬物治療が有効です。
菌を排除していくことで病気を治すという点も、COPDとの大きな違いです。
ただし、非結核性抗酸菌症には現状決定的な治療薬が発見されていません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。