たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気副鼻腔気管支症候群(特徴・症状・原因)

副鼻腔気管支症候群(特徴・症状・原因)

副鼻腔気管支症候群は、喘鳴やタンのからむせき、鼻水や鼻づまりを起こす病気です。
その結果、非常に息苦しい状態になります。
のどの違和感には発熱をともなう場合もあり、上気道と下気道で炎症が合併していることも考えられます。

とくに上気道は慢性副鼻腔炎の症状によって、蓄膿症になってしまいます。
下気道では慢性気管支炎のほか、びまん性気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎のいずれかが起きている可能性があります。

副鼻腔気管支症候群の症状

症状の特徴として、鼻水や鼻づまりといった副鼻腔炎のものが挙げられます。
この症状こそCOPDとの大きな違いなのです。
のどの違和感の正体として、COPDの場合はタンがからまりやすくなるためという理由が考えられます。

一方、副鼻腔気管支症候群の場合、鼻から粘液膿性の分泌物が付着してからまってしまうことが多いのです。
そのほかにも、嗅覚障害など鼻に関する異常が多く見られるのがCOPDとの違いです。
それに加えて、息切れや、せき、タン、喘息、微熱といった症状が現れます。

副鼻腔気管支症候群の治療

治療方法として、副鼻腔炎と気管支炎の両方からアプローチをしていくことが大切です。
上気道と下気道の両方で病変が起きているため、どちらか片方を放置するようなことはありません。

内視鏡をつかった治療では、副鼻腔を手術することによって気管支炎の症状が改善する可能性もあります。
軽症の場合、気道粘液修復薬が効果的です。
タンの除去には、気道粘液潤滑薬が用いられることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。