たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気自然気胸(特徴・症状・原因)

自然気胸(特徴・症状・原因)

COPDのようにせきや息苦しさを感じる病気に、自然気胸があります。
しかし、その症状には大きな違いがあります。
自然気胸は肺が破れて空気が漏れるという疾患なのです。
それを、肺が虚脱した状態と言います。

その原因は、ブレブと呼ばれる異常気腔が肺胸膜直下で破裂することにあります。
ブレブは直径1センチほどの小さな気腔ですが、正常肺よりも脆く、壊れやすいものです。
破裂の原因はさまざまですが、場合によっては大声を出したりせきをしただけでも破裂します。

自然気胸の原因

基本的に、肺胞の内圧があがることが破裂の引き金となります。
飛行機に乗って大気圧が低い場所に行くことでも破裂を引き起こします。
患者の7割程度は喫煙者であることもポイントです。

症状としては、息苦しさのほか、胸痛を感じることもあります。
乾いたせきが続き呼吸困難が生じたり、。重症化すると不整脈や血圧低下などが現れます。
チアノーゼなどの危険な状態に陥るという人も少なくありません。

自然気胸の治療

10代から20代の男性に多く見られる病気だと言われていますが、勿論そうでない男性や女性も注意が必要です。

症状が軽度であれば、大抵は安静にして経過を見守ります。
改善が見られない場合、細いチューブを通して漏れている空気を体外に排出する持続脱気という処置がとられます。
もし肺がふくらんで正常な機能を取り戻せれば、チューブを外します。
それでも肺の膨張が見られない時は、胸腔鏡を使った手術をすることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。