たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気気管支拡張症(特徴・症状・原因・COPDとの違い)

気管支拡張症(特徴・症状・原因・COPDとの違い)

気管支拡張症というのは、気管支が拡がって戻らなくなってしまう病気です。
これは非可逆的な拡張状態で、体内の浄化作用が低下してしまいます。
その結果、タンが溜まりやすくなってしまい感染症のリスクが高まります。
とくに気管支炎や肺炎にかかりやすくなるので、注意が必要です。

息苦しくなる症状はCOPDと共通ですが、気管支拡張症の特徴として血痰や喀血が挙げられます。
気管支拡張による、血管からの出血が見られることもあります。

気管支拡張症の症状と原因

タンが黄色や緑がかった色になる症状も見られます。
COPDとの違いを挙げると、副鼻腔炎に似た症状が代表的です。
病状悪化による発熱を起こすこともあり、息苦しい状態が続きます。

原因として、先天性のものと後天性のもの、さらに他の病気によって引き起こされるものがあります。
特に後天性のものでは、気管支繊毛運動の機能に異常が生じたり、幼少期の肺炎などによる損傷が残っていることが原因になる場合もあります。

気管支拡張症の治療

肺結核や肺化膿症によって、更に罹患が続くケースもあります。
治療としてはまず、気道の正常な確保が重要です。
タンを溜めない薬を服用することで、気管支を清潔に保ち感染症を防ぎます。

発熱等が見られる場合、すでに細菌が侵入していることが考えられるので、抗生物質の投与が必要になることもあります。
血痰や喀血があれば、止血剤による治療を受けます。
喀血の症状がひどい時は、気管支に直接止血剤を注入したり、手術を行うこともあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。