たばこ病改善ねっとトップ > 息切れを起こす病気気管支喘息(特徴・症状・原因・COPDとの違い)

気管支喘息(特徴・症状・原因・COPDとの違い)

気管支喘息というのは、アレルギーなどで気管支が炎症を起こす病気です。
刺激やタン、腫れによって空気の通り道が狭まり、息苦しくなります。
アレルギー性のもの、アレルギー体質に関係のないもの、罹患には様々なパターンがあります

発症後も小康状態があり、時間帯や天候で症状が変化するケースもあります。
ストレス性の発作を起こす人も少なくありません。

気管支喘息の特徴的な症状

気管支喘息の特徴的な症状が喘鳴です。
COPD患者の中でも特に喘息を伴っている人は、「ヒューヒュー」といった隙間風のような音や、あるいは「ゼーゼー」といった音が呼吸に混ざります。
これが喘鳴による発作の症状なのです。

せきやタンが増える人も多く、気管支喘息とCOPDには共通した症状も少なくありません。
両者の違いとして、COPDは進行性の疾患、気管支喘息は可逆性の疾患であるという点を挙げられます。

気管支喘息の治療方法

治療方法としては、発作を予防するものと発作の症状を和らげるものとがあります。
発作の予防には、抗炎症効果の高い吸入ステロイド薬を用いるのが一般的です。
抗アレルギー薬や内服ステロイド剤などを服用することもあります。
発作の症状を和らげる薬には、気管支拡張薬である吸入β刺激薬があります。

また、日頃の掃除やダニの除去といった、生活環境や生活習慣の改善で効果が得られる場合もあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。