たばこ病改善ねっとトップ > COPDについてCOPDとは?

COPDとは?

COPDとは、慢性気管支炎や肺気腫、びまん性汎細気管支炎のように気道の閉塞状態が続く病気の総称です。
階段や坂道ですぐに息切れをしてしまったり、せきやタンが続くのが初期症状の特徴です。
1つの病気の名前ではなく、普通の喘息とも異なります。それぞれに合った治療が必要です。

慢性気管支炎の症状としては、せきをしたときにタンが絡みやすいという特徴があります。
気管支が炎症を起こしてしまうことが原因ですが、タンの量が増えると気管支が塞がれてしまいます。

慢性気管支炎の場合

タンによって気管支が塞がれることで細菌などに感染しやすくなり、炎症を引き起こしてしまい空気が通りにくくなるのが慢性気管支炎です。
さらに肺気腫の症状として、肺胞にある細胞の壁が壊れてしまうこともあります。
そのことで肺胞が大きく膨らんでしまい、弾力性や収縮性が失われてしまうのです。

そのような状態になってしまうと、空気を吸い込んだり吐き出したりする機能が損なわれてしまい、息が切れやすくなってしまうというわけです。

びまん性汎細気管支炎の場合

びまん性汎細気管支炎になると肺胞手前の気管支である呼吸細気管支が慢性的に炎症を起こしてしまいます。
その結果、せきやタンが出やすくなり、息苦しくなってしまうのです。

このように、COPDでも原因によって症状に違いがあります。
タバコが原因の1つと考えられているため、禁煙も治療手段となります。

症状がやや重い場合は、薬物療法や、呼吸リハビリテーションが行われることになりますし、酸素吸入が必要になる重篤なケースもあるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。