たばこ病改善ねっとトップ > COPDについてCOPDはどのように発症するの?

COPDはどのように発症するの?

せきやタンが増え、階段や上り坂などですぐに息が切れてしまうがCOPD初期症状です。
その原因のひとつがタバコです。

初期の段階では放置してしまう人も少なくありませんが、症状が進行するとちょっとした動作で呼吸が乱れ、息苦しくなります。
早期の発見と治療が重要なのです。

悪化した気管支炎の症状

COPD発症のケースで考えられるのが、長期にわたって有害物質を吸い続けることによって起こる気管支の炎症です。
この場合、炎症を起こした気管支の硬化によって気道が狭まります。
さらに炎症によって粘液の分泌が増えるとタンが絡みやすくなってしまい、よけいに呼吸が通りにくくなります。

最初のうちは、ほとんどの患者がタバコを長く吸っていればこんなものだろうと考えがちです。
しかしこの症状は長期に渡って悪化していくのです。

肺胞炎が進行した場合

肺胞も長期間の炎症で変質します。
肺胞は風船のような弾力性と収縮性を持っている器官です。
それが炎症によって膨らんだきり、伸び縮みできなくなります。
その結果、空気を吸ったり吐いたりする機能〈がどんどん失われていきます

タバコ以外にも、粉塵やガス、ウイルスなどによって肺や気管支が炎症を起こし、COPDを発症することがあります。
症状が重篤になると酸素吸入が必要になるケースもありえるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。