COPD(慢性閉塞性肺疾患)を知る【たばこ病改善ねっと】

この症状ひょっとしてCOPDかも?

COPDというのは、慢性閉塞性肺疾患と言われる肺の病気です。
患者数が増加傾向で、死亡者数も増えおり、
世界の死亡要因の第4位にランキングされています。
COPDは別名『タバコ病』ともいわれているぐらい、
たばことの関連性が強く、COPD患者の約90%が
喫煙者と言われているほど。
でも、増加傾向の病気でありながら、
まだまだ認知度が低いのが現状。

ここではそんなCOPDを知ってもらうために、
様々な情報をご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COPDってどんな病気?

最近ではCOPDに関するCMが流れることもあり、徐々に認知度が高まっていますが、どんな病気をか知らない人も沢山いらっしゃいます。実際に日本の潜在患者は530万人以上と言われていますが、COPDと診断されている人はごくわずかという現状なのです。

まずはどんな病気かを知ることから始めましょう。

ありふれた症状が特徴だから気づきにくい

COPD簡易チェック表

COPDは死亡者数も増えている重要な病気ですが、初期症状では『息切れ』『咳』『たん』などのありふれた症状なため、風邪や歳のせいと勘違いしがちです。

右のチェック表で3つ以上Yesがある場合は要注意。一度医師に診てもらいましょう。

<重症化すると怖いCOPDの症状>

  • ・息苦しさで日常生活に支障が出る
  • ・ひどいと寝たきり状態になることも。

*息切れを感じる病気にはCOPD以外にもあります。

早期発見がとっても大切

COPDはゆっくりと進行して、改善されません。でも、早期で治療すれば健康な人と変わらないような生活を送ることが可能ですし、進行を防ぐこともできます。つまり、早期発見することがとても大切になのです。COPDは簡単な検査と問診・身体所見で診断できます。『疑わしい』と思ったら、一度医師に診てもらいましょう。

COPDの検査について>>

スパイロ検査でCOPDの早期診断が可能

COPDの治療

まずは禁煙!

タバコを吸っている方は禁煙が治療の第一歩。
禁煙をすることにより、COPDの進行を遅らせることが出来、重症化を防ぐことも可能となります。
1本でも吸ってはダメ。完全に断つことが大切です。

薬物療法

薬物療法はCOPD治療のメインとなります。現状では薬によって根治することはできませんが、症状を軽減させるために役立ちます。また増悪を防ぐためにも用いられます。薬にはいくつか種類があり目的に応じて使い分けます。

在宅酸素療法

呼吸不全が進行すると、酸素不足に陥って心不全のリスクが高まります。そのため、1日20時間以上酸素を吸入する在宅酸素療法が用いられます。在宅酸素療法でも携帯ボンベを利用することで外出も可能です。

手術療法

COPDの薬物療法や在宅酸素療法などでは症状の改善が見られない場合は手術を行うことがあります。この手術ではだめになっている肺の部分を切除して、残っている肺の機能を回復させる目的で行われます。

COPDの進行を防ぐために

普段の生活で気をつけたいこと

COPDになると、息苦しさのために活動的でなくなり体力が落ちやすくなり、風邪などで急激に悪化しやすくなります。そのような悪循環を防ぐためにも日常生活での意識的な心がけが大切となります。

>>詳細はこちら